今日も京都の隅っこから

ローカル線と路線バスと秘境探訪

ローカル線探訪

関西ローカル線の旅~郷愁を誘う風景をたずねて~

今日は奈良と和歌山に行った時の旅行記です。奈良に行くのは3年ぶり、和歌山に至っては実に7年ぶりぐらい。「のんのんびより」の舞台訪問も兼ねていましたので田舎をテーマに旅をします。もっとも巡礼記事は以前、別に書きましたので、今記事はそれ以外のネ…

名鉄のローカル線に乗るっ!しおかぜ香る蒲郡線

先日、用事で横浜に行っていたのですが、帰りに豊橋で新幹線を途中下車し、名鉄蒲郡(がまごおり)線に乗ってきました。 蒲郡線は三河湾沿いを走る眺めのいい路線ですが、利用客の低迷で廃止検討路線として言及されたこともあり、存続の危機にあります。 電…

新緑の鞍馬寺と叡山電車の不思議な世界

(前記事へ:貴船・鞍馬温泉) 「もみじに惹かれて鞍馬寺参り」という洒落たタイトルにしようかと思ったけど、いざ記事にしてみたら圧倒的に鉄道要素が前面に出てしまったので素直にいくことに。 意外と知られていないが(というか何処にも書いていないが)…

【京都の隅っこ紀行】もえぎ色の鞍馬から

(前記事へ:二ノ瀬) 前記事のつづき。歩いて二ノ瀬から貴船へやってきました。 昼間の喧噪が嘘のように静まりかえった早朝のホーム。木の葉の落とす影が美しい… 電車来ないかなぁ、なんて線路を見上げていると… え?京都なのに三陸鉄道!? 全線開通を京都…

【京都の隅っこ紀行】山村の青紅葉を求めて

叡山電車沿線民として、貴船の一つ手前の二ノ瀬という集落はおすすめ。街の喧噪からは想像もつかないような深閑とした山里で、四季それぞれ違った良さを見せてくれる。 今週はちょうど新緑真っ盛り!村は若葉の鮮やかな緑色で染まっている。 駅は集落から離…

信楽高原鐵道② 桜とタヌキと木造駅舎!個性的な雲井駅

(前記事へ:信楽と秘境駅) 木造駅舎好きとしては絶対に一度は来たかった信楽高原鐵道の雲井駅。なんと期待していた以上のすばらしさで感動!ちょうど駅前の桜も満開だったし、信楽焼のタヌキの置物も可愛いし、それにノスタルジックな駅舎は居心地が良かっ…

信楽高原鐵道① 長い峠を抜けるとタヌキの国だった

先週末、滋賀県の信楽に行ってきた。ご存じ信楽焼の産地である。ずいぶん山奥にある町だが、貴生川から第3セクターの信楽高原鉄道に乗って簡単にアクセスできる。 信楽高原鉄道の始発に乗るため、朝5時に京都を出発した。 JR草津線の貴生川駅のホームの一角…

列車は1日3本のみ!芸備線一番の秘境駅に行ってみた

(前記事へ:方谷駅と桜) ついに来てしまった、1日の平均乗降客数が0人にして、列車が1日に3往復しか来ないJR芸備線の内名駅。乗ってきた列車が森の彼方へと消えていってしまうと、辺りは静寂に包まれる。ただ一人、ホームの上でぽつんと立っている自分がい…

清流流れる山間の木造駅舎と特急やくも

青春18切符をあえて1日分残しておいて桜が咲いたら遠出しようと思っていた。そして西日本各地で桜が満開となった先週、ずっと気になっていた芸備線に乗るべく、京都から普通列車で日帰り旅行をしてきた。芸備線は安芸国(広島県)から備中国(岡山県)にかけ…

岡山から山陰経由で京都をめざす

(前記事:下関→倉敷) 朝の倉敷からスタート。以前来たことがあるが、一応美観地区をさらっと通り抜けた。ここはいつ来ても美しい。ゆっくりしていけないのが残念。今日は山陰本線の終電で京都に帰るので、一本でも予定の電車を逃したらそれが命取りになっ…

山陽本線大横断(下関-倉敷)

(前記事へ:松山・門司港・下関) 下関駅は別名「國鐵下関」と呼ばれているそう。というのも未だに国鉄車輌がたくさんみられるから。 国鉄車輌は旅情があるからいいんだけど、窓が汚すぎ!せっかく瀬戸内海がきれいに見えるというのにもったいない… 次の目的…

四国の絶景ローカル線で四万十川から瀬戸内海へ

(前記事へ:土佐くろしお鉄道若井駅) 若井駅から予土線宇和島行きに乗車する。四万十川沿いを走る景勝路線だ。 1両編成の列車に乗車すると車内に5人しかいない。しかもその内2人は次の家地川駅で降りてしまったため、車内に残されたのは自分を含め4人のみ…

土讃線の車窓から~紺碧の太平洋~

(前記事へ:とさでんと高知城) 土讃線は土佐国(高知県)と讃岐国(香川県)を結んでいる海あり山ありの景勝路線だ。 旅のスタートは路面電車との乗換ができる朝倉駅。 特急も止まる駅ではあるが、駅周辺はずいぶんのんびりとしている。 中学受験の時に覚え…