今日も京都の隅っこから

京都の隅っこの大学生ゆる鉄日記

【和歌山】のんのんびより聖地なのん!

f:id:antonov-24:20190802060002j:plain:w280

のんのんびより3期制作が決まったそうなので急遽聖地巡礼記事(笑)
本当は記事にするつもりは全くなかったのですが、嬉しすぎたので思わず…


f:id:antonov-24:20190801221923j:plain:w500f:id:antonov-24:20190801221850j:plain:w500
全国に散らばっているこのアニメの聖地ですが、唯一京都から日帰りできそうな和歌山県かつらぎ町の聖地に行ってきました。


f:id:antonov-24:20190802060225j:plain:w500
和歌山線の笠田駅から1日数本のバスに乗り、天野の里という山間の集落へ向かいます。

f:id:antonov-24:20190802060313j:plain:w500
集落内に何カ所か背景として使われた場所があるそうですが、見当もつかんなぁ…


他の方のブログを覗いてから行ったのですが、正直、というか全く場所が分からない。事前に調べようにもストリートビューが全然対応していないような田舎なのん。


まずは世界遺産の丹生都比売(にうつひめ)神社周辺から。


f:id:antonov-24:20190802060340j:plain:w500f:id:antonov-24:20190802060351j:plain:w500
2話で出てくる交差点。飛び出し注意の看板は最近になって撤去されたみたい。


f:id:antonov-24:20190802060426j:plain:w500f:id:antonov-24:20190802060432j:plain:w500
1話でさらっと登場するこの仏塔は鎌倉時代の物と知って驚愕…


f:id:antonov-24:20190802060506j:plain:w500
4話のシーンはここらしいけど、これまた最近になって橋が架け変えられたらしい。ちょっと想定外だなぁ。参考にしたブログの写真ではまだ木製だったのに。


神社周辺はこのぐらいにして他のスポットへ。


f:id:antonov-24:20190801223132j:plain:w500f:id:antonov-24:20190802060650j:plain:w500f:id:antonov-24:20190802060654j:plain:w500
四方どこを見ても、「のんのんびより」の背景として使えそうな景色ばかりだから、だんだん自分が何を探して田舎道を歩き回っているんだか分からなくなる(笑)


f:id:antonov-24:20190802060851j:plain:w500f:id:antonov-24:20190802060855j:plain:w500
1話で出てくる赤い橋。まだ下草が出ていない時期だったことと、アニメではちょっとアレンジされているようなので様相がだいぶ違うけど。下天野バス停付近です。


f:id:antonov-24:20190802061200j:plain:w500f:id:antonov-24:20190802061227j:plain:w500
奥の建物とガードレールが一致。牛はさすがにいなかったぞ(笑)


f:id:antonov-24:20190802061256j:plain:w500
すぐ近くに「ほのか」の家の前の背景で使われたスポットもあります。


かつらぎ町の背景が使われた箇所はポツポツ程度で、あまり巡礼って感じはしないけど、とってものどかで綺麗な所なので、ある意味集落全体が「のんのんびより」の雰囲気を感じることができる聖地なのかも。


【アクセス】
笠田駅からバスが出ているけど、本数が少ないので要注意。時期によっては高野山への直行バスもあるみたい。スポット的には下天野と神社周辺に固まっている感じ。行けば絶対分かります。
かつらぎ町コミュニティバス・天野ルート時刻表


このアニメの聖地は全国に散在してるから回るのが大変!下の通り岡山の美作は行ってきたけど、3期制作決定となった以上、因美線知和駅は訪問しないとなぁ。駅構内に階段があることで有名な那岐駅の木造駅舎も見たい。

antonov-24.hateblo.jp


和歌山線・桜井線乗車記はそのうち投稿します。というわけで今日はここまで!!



*キャプチャ画像は比較検証目的で引用しています。著作権は(c)あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合に帰属します。